JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 1

概要

JR磐越西線旧線 旧吉津トンネルの地図 磐越西線は福島県郡山を起点とし、新潟県新津を終点とする路線である。
明治25年の鉄道敷設法にて、日本海側の北越鉄道(現信越本線)と太平洋側の日本鉄道(現東北本線)を結ぶ路線として、 「新潟県下新津ヨリ福島県下若松ヲ経テ白河、本宮近傍ニ至ル鉄道」とされたのがその起源だ。

もともとは岩越鉄道という私鉄によって着工され、一部の区間は明治38年に開業したものの、全通前に国有化され、岩越線と称された。
ただ、国有化の時点では未完成であった新津側の路線は、このとき信越本線の支線という扱いにされたらしい。
当初、岩越鉄道の建設予定地であった新津側区間がわざわざ信越線支線とされた理由については定かではないが、 新潟県内は阿賀野川渓谷沿いを中心とする難工事が控えており、これの建設を円滑に行うためとも推測される。

計画当初から予想されていたように阿賀野川沿いの区間は隧道と橋梁が連続する難工事となったが、 大正3年に津川〜野沢間の開通により全通。信越線支線扱いであった新潟県内の区間も全通と同時に岩越線に統合された。
大正6年に郡山から太平洋岸のいわきにまで線路が延びると、これを磐越東線とし、合わせて岩越線を磐越西線と改称、 ここに日本海と太平洋を結ぶ路線が完成した。


今回紹介する旧吉津トンネルはJR五十島駅とJR三川駅の間に位置する。
付近は蛇行する阿賀野川とそれによって形成された断崖に阻まれ、会津側で岩越鉄道が開業してから15年も経過した大正2年になってようやく開通した区間だ。
隧道を出たところが絶壁の中腹であるため、さらに川を渡る橋梁(阿賀野川御前橋梁)が必要という難工事のコンボであった。
セットで建設された隧道と橋梁、その終焉もまた運命共同体。
昭和58年10月、水害対策のための橋梁の桁上げ、および隧道の老朽化から、新吉津トンネルと新阿賀野川御前橋梁が竣工し、旧線は放棄された。

橋梁は解体されて痕跡が乏しいものの、大正初期に竣工した隧道は今でも口をあけているらしい。
工事は明治時代から行われていたであろう、その古隧道の姿を見に行った。

1-1 五十島側線路跡

JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 1 新潟と会津を結ぶ路線として、古来より阿賀野川流域は重要な役割を果たしてきた。
その役目は今も変わることなく、国道49号、JR磐越西線、磐越自動車道が仲良く併走している。

磐越自動車道は1997年に全通しているが、三川村付近はその前年に開通した。
今立っている場所は、近くのインターチェンジに繋がる県道587号三川インター線である。
新潟市へのアクセスの良さを見込んでか、小高い丘を整地して新興住宅地が形成されており、目指す廃隧道の五十島側坑口はその真下にあった。

真夏に同じ地点から同じ方向を見て、ここにあるという廃隧道を探したことがあったが、その時は完全に藪に覆われ、 全く影も形もなかった。結局その時点での探索をあきらめ、藪の収まるこの時期を選んだのだ。
その判断は正しかったようで、夏の間隠されていた隧道があられもない姿を晒してくれている。

このまま斜面をすべり降りてもよかったのだが、とりあえず慎重に、線路と県道が交差する地点まで降りてから、線路跡を進むことにした。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 2 記録的な豪雪となったこの冬、その忘れ形見は線路跡を覆いつくし、一向にあがらないペースにイライラ。
ザラメ状になった残雪は時折私の体重を支えてくれるが、時折膝までズボッと埋まってしまう微妙な硬さで私を苦しめた。

線路跡は四角く区画されており、また水路のような溝がいくつか見られた。新線に切り替えられた後、田畑に転用されていたものと思われる。
しかし、どの水田跡にも潅木が茂り、夏場であればここに区画された土地があることにすら気付くことはない。
右の斜面は先ほどいた県道で、これが線路跡、および水田跡を半ば埋めており、これが放棄の原因だろうか。
行く手をふさぐように伸びた枝に気をとられていると、足元がズボッ。突き抜けた地面は雪解け水が流れる水路であり、どっぷりと濡れる。
まともに進める道はなく、滑落に注意しながら雪の斜面を進んだり、かろうじて安定している畦の跡を進んだりと、散々苦労した末、 ようやく坑口にたどり着いた。

1-2 五十島側坑口

JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 3 そこに待っていたのは大正時代の美麗衆目な建築物。
新潟の道路用古隧道にはほとんどないピラスターつきのポータルは重々しい切石で構成され、威厳に満ちたその御姿にそれまでの苦労も吹っ飛んだ。
昨今の軽薄なトンネルとは違い、トンネルひとつに如何ほどの情熱と愛情を注いでいたかがうかがえる。

これ一個が芸術品とも呼べるその美しいことよ。
翼壁になんだかわからないヘンテコなレリーフを施すより、その機能性と芸術性を兼ね備えた、 ある意味精錬されたともいえる大正時代のポータルのほうが美しく見える。
それはただのロマンチシズムなのか、それともあまりにも機能性を追及しすぎた現代人の美的感覚が退化してしまった所以なのか。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 4 坑口から振り返って撮影。右にカーブを描いているように見えるが、かつての旧線は緩やかに左に曲がっていた。
先にも述べたように、線路敷きのほとんどを県道が埋めてしまったのだ。

坑口手前は湿地帯のように雪解け水がたまっており、長靴でも持ってくればと後悔しても先に立たず、わずかに残った"島"を頼りに進んだ。
この辺りから砂利が見え隠れしたが、砂利そのものはバラストのようにも見えるものの、道床といった感じはなく、のっぺりと一面に広がっていた。
人為的に整地したのか、盛ったバラストが自然の作用によって崩壊したのかはわからない。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 5 ポータルは非常に状態良く残っている。笠石もピラスターもひとつとして欠けるところがない。
ピラスターの地上に接する部分には、大人の身長ほどもあるコンクリートの塊が設置してあり、補強のために後に置かれたものと思われる。


道路メインの私には珍しいポータル構造に感激しつつ、午後3時5分、内部へと足を向けた。

1-3 隧道に刻まれた歴史

JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 6 とりあえず見たところ崩落などはなく、貫通している。延長は200メートルほどだろうか。
隧道の下半分は石組みだが、上部はコンクリートだ。部分的な改修が行われたのかもしれない。

多少漏水しているが、バラスト上はほぼ乾いており、歩きやすい。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 7 鉄道隧道には付き物の待避坑も健在。この辺りから隧道の下半分もコンクリートブロックで組んである。

足元のバラストは待避坑に向かってうずたかく積めこまれており、どうやらこののっぺりとしたバラストは人為的に整地されたものらしい。
この先の阿賀野川をわたっていた線路橋を撤去する際、工事用の通路としてでも利用されたか?
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 8 待避坑近くにはこのような黄色い矢印も残っていた(あえてフラッシュなし、自転車用のハロゲンライトとヘッドライトの明かりのみで撮影)。
鉄道関係のことは詳しくないのだが、おそらく待避坑のある方向を示したものだろう。
もっとも、今では外れかかってそっぽを向いているのだが。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 9
ほわっ!
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 10 コンクリートの単調な構造から一変、いきなり天井はレンガに覆われた。

レンガには鮮やかな煤煙が残っており、これぞ往年の大正隧道の姿だ、それが、ただ一つもかけることなく、びっしりと天井を覆っているのだ!
暗い隧道の中で、私は感嘆の声を抑えることはできなかった。
自身にとって初のレンガ隧道ということもあったが、実はレンガ造りということを全く想像していなかった。
突如頭上に現れた、まさに歴史を刻んだ大正時代の生き証人を目の当たりにして、その歴史がずしりと背中にのしかかったような感じだ。
これが・・・これが蒸気機関の叫び、そしてその名残なのか!
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 11
ほわたあああああああああああああああ!!!!!!
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 12 ついにすべてがレンガに覆われた!待避坑までレンガだ!
ここはなんという隧道だ!小出しにレンガ造りにして、「レンガ来たよコレ!」とジャブをかませたところにアッパー食らわせやがった!
ちくしょう、憎い!憎いぞこの隧道!
おまけになんという状態の良さだ!たった一つのレンガも崩落することなく、真っ黒な煤煙を輝かせながらその整然とした様は何だ!
くっそおおおおおおおおおおお!負けた!お前には負けた!
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 13 全体がレンガに覆われた区間はそう長くないが、その強烈なインパクトはもうそれだけでも十分である。強烈過ぎる快感はそれだけで卒倒モノだ。
レンガは再びコンクリートに取って代わられ、余韻に浸るまもなく三川側の坑口に出る。
三川側坑口も重厚な石組みのポータルで、ピラスター等の構造もしっかりしている。左に見える看板は速度標識だろう。

三川側の坑口はすぐ目の前が阿賀野川であり、ほとんどスペースがない。
この先には川を渡る橋が架かっていたはずだが、周りは密度の濃い木々に阻まれ、視界の効く春先でもその遺構は発見できなかった。
まあ、正直なところどこで足元が抜けるか分からないような木々の間を探索するのが恐ろしくて・・・。


それにしても、こんな重々しい隧道に、かつては蒸気機関車が唸りをあげて突っ込んでいったのか・・・

この隧道に電車や気動車は似つかわしくないな。SLがここを駆け抜けてこそ、絵になる光景だ。
「撮り鉄」と呼ばれる方々の気持ちをほんの少しだけ理解できた。

再び内部へと足を向けた私は二度目のレンガ隧道にも狂喜しつつ、かすかにレンガに残された蒸気機関の叫びに耳を傾けていた。
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル 14
レンガ最高!
まるで定期的に掃除した上でまた新たにレンガをはめ込んでいるかのように、一切の崩落なく残るレンガ隧道。
貴重な大正時代、そして明治の姿すらも浮かび上がってくるような幻想的なその内部は、いまだ色濃く残る煤煙とともに往時の姿を想起させる。
暗闇に一条の光が走り、蒸気機関車がその身に煤煙を纏いつつ、轟音を上げて驀進して行くその雄姿。
不思議なことに、この精緻なレンガ隧道は見たこともない往時の姿をも見せてくれた気がした。
[ 05' 4/2 訪問 ] [ 05' 11/2 作成 ]
これより前の記事はありませんこれより先の記事はありません
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
JR磐越西線旧線 旧吉津トンネル1