JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 0

概要

JR信越本線旧線 米山の廃隧道群の地図
JR信越本線は群馬県高崎から長野を経て新潟県南部に位置する直江津に入り、柏崎、長岡を経由して新潟に至る鉄道路線である。
直江津には西から北陸本線が入り、信越本線を北上して羽越本線に繋がっている。日本海縦貫線としてもその果たす役割は非常に大きい。

信越本線は新潟県内で最も早くに開業した鉄道であり、明治19年8月15日、直江津〜関山間の開通がその最初である。
その後、関山から東京まで鉄路が伸びるに至ったが、新潟県側ではあくまでも直江津止まりであり、 その遥か北に位置する新潟市までの鉄道開通が望まれていた。
明治25年の鉄道敷設法には、新潟と東京を結ぶ路線として以下のように書かれている。

「新潟県下直江津又ハ群馬県下前橋若ハ長野県下豊野ヨリ新潟県下新潟及新発田ニ至ル鉄道」

つまり、直江津経由、前橋経由、豊野経由の三路線が計画されていたわけである。
この三路線から検討が進められていたが、公布から2年後の明治27年4月、「北越鉄道」という会社が直江津から長岡経由で新潟に至る鉄道の免許を申請した。
この申請が効いたのかどうか、申請から二ヵ月後には直江津経由とすることが決定されている(残り二つはそれぞれ現在の上越線、飯山線となった)。
はれて免許の交付を得た北越鉄道は明治29年3月から工事を開始し、翌年の明治30年8月には今回の舞台となる米山(当時は鉢崎)〜柏崎間を開通させた。 全線開通により新潟と東京が鉄路で結ばれたのはその翌年のことである。
ただ、全通からわずか9年で国有化され、直江津までの信越線に統合された。

直江津〜新潟間の北越鉄道路線中、当時の隧道は12あったが、そのうちの8つもがこの米山〜柏崎間に集中する。
これは海に面した米山が日本海に落ちる岸壁に鉄路を切り開いたためであり、全線中でも最も難所とされた区間である。
その分、車窓に映る奇岩と広がる日本海は当時から人々の心を惹き付け、昭和に至るまで多くの人々の目を楽しませていた。
しかしながら、増大する昭和の交通需要、そして日本海縦貫線の一部を形成する幹線としては、明治の単線規格では耐え切れず、 昭和40年代の初め頃から順次電化複線化が進められ、昭和44年8月、この米山付近の区間を最後に直江津〜新潟間の複線化が完了した。
複線化にあたり、多くはそれまでの単線トンネルを放棄して新たに複線トンネルを掘削したため、単線時代の路線そして隧道が取り残される形になった。
かつて旅情を掻き立てた車窓の風景は一変し、今そこに映るのは無機質で暗い長大トンネルである。

米山駅から笠島駅までは遊歩道として最近整備され、ある意味明治の隧道がいまだ現役といえる。
一方で、笠島駅から先は特に整備を受ける事無く、放棄されたままだ。
この区間の開通が明治30年(西暦1897年)であるから、すでに100年以上を経過していることになる。
新潟県下でも飛びぬけて歴史の深いこれらの隧道の姿を見に行った。

0-1 米山駅付近

JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 1 どこの玄関にも正月飾りが添えられ、中からは新潟という故郷へ帰ってきた息子や娘との再会を祝う人々の笑い声さえ聞こえてきそうな日。
そう、今日は2006年1月1日、元日である。
そんな特別な日に、私はなぜか空も暗いうちから3時間も鈍行列車に揺られた挙句、米山駅にひとり立っていた。

別に今日でなくともいい探索。
だが、こうすることが今の私にとってもっとも相応しい年明けの一日であると思うに至り、 真冬ど真ん中のくせに自転車を担いでこんなところまで輪行してきたのだった。
地獄のような新潟の真冬ということでかなり気合いの入った格好をして探索に望んだのだが、この日、 頭上には新潟の冬に一日あるかないかの快晴の空が広がっていた。
家を出るときはまだ一面闇の中だったが、車窓からは東の峰を越えてきたご来光を拝むこともでき、実にすがすがしい正月を迎えることができた。
過去を振り返ってみても、これほど印象に残る元旦はなかったかもしれない。

写真はそんなこの年最初のお天道様。
奥に見える高い山は弥彦山と並んで越後の信仰深き山、米山である。
米山をバックに元日の太陽を拝めるなど、今年はいい年になりそうだ。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 2 米山駅の下りホームから柏崎方向を見る。
遥か先には小さく隧道が見えたが、それよりも気になったのは、その上の鞍部。
というか、鞍部といっていいものか、尋常ならざる真っ平らな稜線がひときわ目を惹いた。
地図を見るとあのあたりは国道8号の旧道だと思うのだが、気持ちいいくらいにばっさりと切り取られたその有様は高速道路ですら見られない規模だ。
正直なところ、遊歩道として整備された旧線にあまり期待していなかった私には、国道8号旧道の方が面白いんじゃね?とか不埒なことを考えてしまった。
あの稜線の向こうに待ち構える惨劇も知らずに・・・
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 3 ひとまず米山駅前にて記念撮影。

北越鉄道開通当初はこの駅は鉢崎といった。
明治36年発行の北越鉄道のガイドブック、「北越鉄道案内」には、
・・・此地より刈羽郡鯨波驛三里の海岸を八崎と称し(中略)往古は八つの岬ありしを以って斯く名けし由
(中略)
むかし昔一年鯨魚多く寄りし折其腹中より大小の鉄鉢数個出でしことあり故に鯨波、鉢崎鉢われ岩などの名称起りしといふ・・・
※一部の旧字体を現代文字及びひらがなに修正した。

という由来が書かれている。鉢崎の名の由来には諸説あるようで、駅に設置されていた観光案内板には、 米山で行を修めていた僧が山から鉢を飛ばして寄付を求めたという説が載っていた。
現在の米山駅に改称されたのは昭和36年。
今では鉢崎の地名も失われ、郵便局名などにのみ残っているようである。

駅舎は非常に地味。名前を変えたとはいえ開業当初から存在する歴史ある駅なのに、そこにあると知らなければそれと気付かないかもしれない。
駅名を示す看板も写真左の駅舎入口の上に申し訳なさそうに小さくあるだけ、あまりにも小さいので写真ではつぶれてほとんど見えない。
駅名よりも目立つのがJAの看板だが、このほかにも病院も併設されている(写真右の入口)。
病院といっても分院であり、二週間に一回しか開かないのだが・・・

午前9:30分、一通り準備を済ませ、いよいよ旧線へ向かう。
まずは駅舎に向かって右側、ここから東にある米山一号隧道だ。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 4 線路南側には細い集落道が伸びていたが、これは旧線ではない。
ひとまず遊歩道となっているはずの旧線に入るべく、そのアクセスを探していると、オガチ川という小さな沢を渡る部分があった。
道路橋から線路を見てみると・・・下り線の路盤に煉瓦を発見。おそらく開通当時のものと見て間違いないだろう。
ちなみにこの先怒涛の煉瓦が待っているので、いくら明治30年竣工のぶっ飛び古橋といっても、 これぐらいで飛び跳ねていたら身が持たない。
ま、現地では飛び跳ねてたけど・・・
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 5 この後も散々煉瓦橋が出てきて、もう最後のほうでは食傷気味の感すらあった今であるからこう落ち着いて書いていられるわけで、 現地で最初に見た煉瓦橋に私は甚く興奮していた。
まして、この橋は下り線として現役なのだから、恐れ入る。

こちらからではよく見えなかったため、はっきりと望むべく、海水浴場への通路となった線路の暗渠にもぐり、砂浜に出た。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 6 砂浜から見る米山の煉瓦橋。煉瓦橋に隣接するコンクリート橋が上り線、その奥にわずかに見えているのが先ほど私がいた道路橋である。

橋桁は架け替えられ、煉瓦の一部はコンクリートで補修されているものの、状態は極めて良好(現役なんだから当たり前)。
よく見ると煉瓦は一色ではなく、列ごとに黒っぽい煉瓦と赤い煉瓦が交互に並べられ、美しいストライプを描いていた。
北越鉄道は営業期間中の車両などの装備が貧弱であったと伝えられ、国有化の際には政府から「補助金出すからその貧相な装備を何とかしろ!」 とお達しがあったとまでいわれているが、足元には金を惜しまなかったようである。
乗ってる人間の目には触れないこんなところに「見て楽しむ」ような作りを持ってくるなど、なかなかできることではない。

最近、柏崎にある煉瓦造りの工場が取り壊されることになり、市民団体が保存を求めて活動したりしていたが、何のことはない、あなた方が通る足元にも、 こんな明治の芸術があるんですよ。

0-2 目的を忘れさせる歴史の数々

線路の海側には延々砂浜が続くばかりで、とてもじゃないが自転車を持ち込めるようなところではない。
旧線は遊歩道兼サイクリングロードになっていると聞くが、このあたりは煉瓦橋が現役であったように、まだ放棄された旧線が分かれる場所ではない。

再び線路を渡り、東へ。
線路沿いの細道はやがて途切れ、一度線路から離れて米山の集落内を進む。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 7 ようやく隧道が見えてきたところで、なにやら案内板を発見した。
これによると、米山駅から柏崎を目指して伸びた線路が最初にぶつかる山には、かつて関所が置かれていたという。
海に突き出た山麓という地の利を生かし、戦国時代には軍事上重要な場所であった。
江戸に入ってからは特に"出女入鉄砲"といわれるように、女性や鉄砲の出入りを厳しく監視していた。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 8 関所跡より先の風景。

もうすぐそこに米山山塊の壁がどーんと迫ってきているのに、一向に線路を越えて旧線に入る道が見当たらず、 おまけにこの関所跡から先が写真のようなかなり急なのぼりであったため、ちょっと進む気が失せた。
なんか道を間違えたような気もするし・・・
目の前の上り坂を登る前に、ちょっとその辺をうろうろしてみることにした。
米山駅構内から見た、この頭上にある謎の巨大平地も気になることだし。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 9 集落を目指す方向とは逆の西に向かって進んでいると、国道8号との合流地点手前に味のある古橋を発見した。
低い欄干とボロボロのコンクリートで一目でそれと分かる年代ものの橋である。

親柱は四本とも健在で、そこにはめ込まれた銘板によるとこれは壽(ことぶき)橋といい、昭和13年12月竣工とのこと。
先ほど見た煉瓦橋の竣工から40年以上も経って建造された橋であるが、見た目にはこちらのほうが年季がかっている。
明治の煉瓦と昭和初期のコンクリート。廃美を嗜む者にとっては興味をそそられるツートップがどちらもしっかり現役で頑張っているのだ。
耐久性ではむしろ煉瓦に軍配が上がっているようだが。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 10 上の写真で青い車がいるところが、国道8号との合流地点である。
壽橋を渡り、いざ国道に出てみると、今度は私の"道"魂がメラメラと燃え上がってきた。
始めあの坂を前にして引き返したのは、急坂を上るのが嫌だったことに始まり、一向に姿の見えない遊歩道に道のlostを疑い、 何か案内はないかと探そうとしたことにある。
地図上にはこの先の国道トンネルの旧道がはっきりと描かれていたが、集落と近接したその道は現役の道であろうと想像してしまい、 国道旧道を探索しようという目的は毛頭なかった。
だが、実際に国道に立ってみると、「せっかくきたのだから」という考えになり、結局このまま国道を東に進んだ。

しかしつくづく寄り道好きな奴だな・・・
寄り道せずに首尾一貫した旅なんていまだかつてないような気がする。
そんなだから私の自転車ツーリングは1日12時間も走って130〜140km程度しか進めないのだ。
もっとも、わき目も振らずにひたすら目的地のみを目指すような旅スタイルはちょっと私には合わない。
興味を持ったらどこででも停められ、ふらふらできるのが自転車の旅のいいところだ。

0-3 国道8号 米山トンネル旧道

JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 11 天下の一桁国道8号線であるが、さすがに元日ともあればその車列もさほど多くない。

現道に乗って進むと、やがてトンネルが見えてきた。
名は米山トンネル。
こちら側の坑口には銘板はおろか扁額すら存在せず、竣工年は不明。
調べればすぐ分かるし、おそらく反対側の坑口には銘板くらいついているのだろうが、この日のメインはあくまで旧線であるとし、 詳しい調査は行っていない。
いつか道路ネタを求めてこの地にやってきたときにでも、改めて調査することにしよう。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 12 トンネルの米山側坑口から300メートルほど手前に、旧道の分岐がある。
ただ、かつての道はほとんどが現道に埋まってしまったようで、実際の新旧分岐点は私が国道に入った場所、あの青い車があったところだったようだ。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 13 今回は旧線メインということで途中端折っていきなり峠に到達。
ここまでの道は市道として整備されており、特にどうということはない1.5車線路である。
距離も勾配も屈曲も大したことはなく、ただ一桁国道としてはどう見ても幅員が足りない&拡張の仕様がないというだけ。 三桁国道くらいなら現役でも不思議ではない。
通行注意という看板は見られたが、通行止めとなっているわけでもない。自動車でも進入可能な平凡な道だ。
道の左手には米山の集落や信越本線を眺めることができ、眺望はすこぶるGood。

現道との分岐から直線的に300メートルほどで、駅構内から見た幅広の峠にたどり着いた。
つーか広すぎ。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 14 峠に立ち、振り返って撮影。
あまりの広さに、どんなに峠の端まで行って撮影しても、その全体を写真に収めることができなかった。
小さな野球場くらい入りそうな広さだ。

峠は海に突き出た岬を越えている。この岬の名を聖が鼻といい、かつて徳の高い僧がここで修行をしていたという伝説に由来する。
現在では景勝地として案内板などが整備されており、このでかい平場も駐車場という意味があるのだろう。
岬の先端には灯台もあったり、樺太探検で有名な松田伝十郎生誕地碑などもあり、見所は多い。
それら一つ一つがここでピックアップできる逸品なのだが、今回は割愛する。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 15 何より目を惹くのはこの眺望である。
八崎の名の通り、いくつもの岬が海に落ちるその姿は圧巻の一言。
数多くの岬の中でもこの聖が鼻は最も標高が高く、他の岬を見下ろすことができる最高のView Pointだ。
遠くには柏崎刈羽原子力発電所から、更に目を凝らせば遠く弥彦山まで見えた。

この辺りは海に注ぐ河川が少なく、そのために何にもおいてまず海が青い。
この日の快晴の空とも相まって、周辺には冷たくも凛とした空気が流れている。
透き通ったその空気を胸いっぱいに吸い込めば、体の隅々まで浄化されてゆく気がした。
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群 16 太平洋側の人間を数日のうちに鬱にさせるといわれる日本海の冬の曇天も、元日という特別な日ばかりは一休み。
年末まで続いた鬱屈した天気が信じられないほどに澄み渡った空に、 元日の廃線紀行という世間から見れば一歩外れた正月を迎えた私も、その心が宙を舞うようであった。
普段の寝正月等とは比べることすらおこがましい、最高の元日である。

断崖が形成された米山の裾野にも、人々の生活が見えた。
空と海の青、白波ぶつかる米山の断崖と雪化粧、そしてそこにある人々の生活。
今見えるこの姿は、遥か昔から続いてきたその姿とそう変わるものではないだろう。
緩やかな時間の中に暫し我が身を・・・

って



写真の中央下のほうに・・・





なんか写ってませんか・・・?
寄り道ばかりして経路が分かりにくいので、地図を載せておく。
白抜きの矢印が私がたどった経路。
信じられない。信じたくないよ。
嘘だといってよママン。
[ 06' 1/1、06' 1/21 訪問 ] [ 06' 1/20 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
JR信越本線旧線 米山の廃隧道群012345678