戸井線 汐首岬の廃隧道 1

概要

戸井線は函館本線五稜郭駅から分岐し、湯の川、釜谷、汐首岬を経由して戸井にまで至るはずだった鉄道路線である。
わざわざ強調したように、この路線は戦時中に国防上の理由から着工されながらも完成を見なかった、未成線にあたる。
その経緯をまとめると、以下のようになる。

戸井線は明治28年、函湯鉄道として、函館〜湯の川の私鉄敷設仮免許が交付されたことに始まる。
ただし、免許は交付されたものの、資金面の問題から計画は頓挫。
明治末期には、戸井まで延長された軽便鉄道の計画もあったが、これも実現しなかった。

戸井線が現実味を帯びてきたのは、大正11年、改正鉄道敷設法において、函館〜釜谷までの予定線として明記されたことである。
終点が釜谷であったことから、この路線は釜谷鉄道といわれていた。
このときの敷設理由は「一般産業ノ発展ヲ図ル」ということで、軍事的目的や、本州との連絡鉄道という目的は明記されていない。

大正13年に戸井が津軽海峡の要塞地域に指定されたり、昭和3年に沿線調査が行われても、着工に向けた動きは皆無であった。
昭和9年には速成を期した大会が沿線自治体を中心に開かれ、ここで初めて本州との連絡というメリットが「宣言」されている。
一方で、道路はすでに戸井まで完成しており(日浦岬を参照)、輸送路としてはそれが機能していたこともあって、住民運動はいまひとつ盛り上がりにかけていたという。

ようやく昭和11年から12年にかけて実測調査が行われ、すぐに着工。
着工にあわせて終点は釜谷から戸井にまで延長され、名称も戸井線が一般的となる。
この頃にも経済上の価値や生活上の必要性はそれほど高くなく、地元民にとっても「軍隊の鉄道」であって自分たちのものではない、という意識が強かったとされる。

昭和19年竣工を予定していた戸井線も、戦局の悪化に伴って昭和18年、戸井の直前で工事は中断されてしまう。
結局その後は工事が再開されることなく、完成していた路盤の大部分は放棄され、今に至っている。



現在、戸井線の遺構は併走する国道278号からも非常に目立ち、かつ重厚なコンクリートアーチ橋がいくつも見られるという、未成線跡としてはまさに一級品といえる。
路盤を辿るのも容易であり、これを紹介するウェブサイトも充実し、私も興奮しながら拝見していた。

・・・となれば、いまさら私が紹介するまでもないわけですよ。
実際、併走する国道は2度も3度も通行しているものの、"よく知られた"その路盤の探索に向かうことはなかった。

一方で、それらの先輩サイトで存在を語られる二つの隧道について、どうにももどかしい思いを抱いていた。
「戸井線には二つの隧道が掘削された」
そこまでは、どこでも語られる事実である。
が、そこで終わっているのも事実である。
賎しくももどかしいのは、その先。




中・・・・・・・





見て・・・みたくないですか・・・?

1-1 汐首岬

戸井線 汐首岬の廃隧道 1 戸井線の探訪記は、すでに多くのサイトで語られている。
そのため、隧道までの遺構や状況はそれらのサイト様にお任せしたい。
私は単に、そこで語られることのない、隧道の内部が知りたいというだけだ。
戸井線 汐首岬の廃隧道 2 紹介を省くのは、戸井線という存在がつまらないとか、垢抜けているとかいう意味ではない。
むしろその数々の遺構は極めてインパクトに富み、ローマの古代建築のような威風堂々たる姿はまさに圧巻といえよう。
戦時中の資材不足の中、よくもこんな豪壮な建築物を造ったものだと言葉もない。

こういったものを先んじてレポートしたかった・・・という悔しい思いが強いのも正直なところだ。
戸井線という存在がメジャーになった以上、私はその表の世界で触れられない、マイナーで誰も知らないようなところに目を向けていきたい。
それが、廃隧道の内部なのである。
なんて偉そうな事をいっておきながら、探索時点では隧道の位置をよく把握しておらず、併走する国道を函館側から走りながら探していた。
そうして起点より約23km地点、ちょうど汐首岬という本州と最も接近するところで、明らかに隧道なしでは越えられない地形にぶつかる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 3 この岬には高台に汐首岬灯台という灯台があり、国道から狭い遊歩道のような道で登ることができる。
函館から伸びてきた路盤は一貫して国道よりも高い位置にあり、目立つもののその路盤に達するには実は苦労が多い。

狭い歩道を登っていくと、戸井線の路盤跡に出た。
灯台の足元を、桟橋をかけて渡っていたことがわかる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 4 さらに歩を進めると、歩道は路盤跡と一致する。
写真は隧道のある方向(戸井側)を写したものだ。
冬枯れした藪の中を、明瞭な踏み跡が切り裂いている。

ひーひーいいながら、ここまで自転車を伴って高度30メートルほどを登ってきたが、おそらく貫通は無理と見て、ここに置いていくことにした。
戸井線 汐首岬の廃隧道 5 貫通不能としたのは、事前情報として、二つある隧道のうちの片方の入り口は土砂で封鎖されている、というものを得ていたからだ。
もしも坑口の両方とも塞がれているとなれば、探索に赴くこともなかったかもしれない。
だが、"片方の入り口"ならば、もう一方から入れるはずでは?などと思うに至ってしまったのである。

鉄道らしさのない藪の中を少し行けば、すぐにポータルの姿が見えてきた。

1-2 (仮称)汐首第一隧道

戸井線 汐首岬の廃隧道 6 戸井線に存在する二つの隧道のうち、函館に近いほうの隧道に到達。
隧道名がわからないので、仮に汐首第一隧道とでもしておく。

足元には排水溝が横切り、なるほど、坑口には土砂がこんもりと盛られている。
・・・しかし、封鎖と呼ぶにはまだ早い。
さらに接近。
戸井線 汐首岬の廃隧道 7 抗門は切石とモルタルで構成され、内壁は厚さ20cmはあろうかという分厚いコンクリートで覆われている。
戦時中の資材不足の中、突貫工事で行われたという戸井線の工事記録から見て、コンクリートなども粗悪であったといわれることが多い。
私は専門家ではないので、目の前のコンクリートが粗悪なのかどうかは判断できない。
70年近くもほうっておけば、粗悪だろうが精巧だろうが劣化・崩落は免れまい。


中は・・・なんか詰まってる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 8
いや・・・
戸井線 汐首岬の廃隧道 9
行けちゃうね。
戸井線 汐首岬の廃隧道 10 「詰まっていたモノ」は封鎖による土砂ではなく、落盤による土砂だった。
苔むし、相当古い時代に起こったと見られるそれには隙間があり、しゃがんで行けば通れそうな雰囲気。
そんな雰囲気であれば、己の好奇心から始まった探索は、行動力となって表出してしまう。
狭い隙間に身をよじる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 11 中は・・・だ。
洞内に響く水滴の音は多く、さらにその音は地面を打つものではない。深い水に落ちるときの音である。水没している。

さらにまずいことに、空気の流れをほとんど感じられない。
これすなわち閉塞を意味するが、気のせいなのか何なのか、ほんのわずかにだけ、流れているようにも思えた。
その正体は後に判明することになる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 12水没している
崩落している
閉塞している
おまけに戦時中の突貫工事で造り上げた挙句に放棄後70年というダメダメスペックの廃隧道に入りたいですかと問われたとき、正直私はNOと答える。
でも、でも、好奇心という悪魔が、私の背中を押してしまう・・・中は・・・奥は・・・どうなってるんだろう、と。

そろりそろりと足を下ろしていくと、足元には幾つもの木片が転がっていた。
風で運ばれてきた可能性のほかに、これらは上から落ちてきた可能性もある。
その理由も、後ほどお伝えできる。
戸井線 汐首岬の廃隧道 13 洞床に降り立ち、崩落の現場を見る。
左上の光だけが、生還する唯一の生命線。
戦争という陰気くさい匂いの染み付いた隧道に潜っていくには余りにも頼りない。
戸井線 汐首岬の廃隧道 14 その先に終点は見られない。
その先に光も見られない。
無数の落水の音と、どこまで続くのかわからない暗闇がある。
まるで、陰惨な戦争の道を体現するかのように───
住民が待ち望み、開通の際には総出で祝賀式典が執り行われるような、明るい隧道ではないのだ。
軍事路線として建設され、その完成すらも果たすことのできなかった路線の歴史は、暗く重い。

その重い隧道の中で、戸井線にまつわる"ある伝説"が真実味を帯びて来ようとは、このとき予想もしていなかった。
[ 10' 3/24 訪問 ] [ 10' 4/8 作成 ] [ 10' 10/11 追記 ▼該当箇所にジャンプ ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
戸井線 汐首岬の廃隧道123