新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 1

概要

新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道の地図佐渡一周編その2からの続き)

相川から海沿いを北へ進む陸路(当時の名称は海府道。現在の県道にあたる)は大正2年から工事がはじめられ、 海岸段丘の根元にのびる断崖を克服すべく、多くの隧道が穿たれた。
大正8年頃、戸中隧道の竣工によって戸中の集落までは道が通じたものの、そこから北はさらに難儀した。
かつて「戸中の洞屋」といわれた波打ち際を行く難所は戸中隧道の開鑿によって過去のものとなったが、戸中集落の北には、またひとつ、さらに強大な難所が存在したのである。
その海岸線には断崖が垂直に50メートルほどの高さでそそり立ち、波打ち際を行くことすらできなかった。
そのため、海府道の開通以前には、陸路を行くには山越えの道を通ったという。
しかしながら、その山越えの道も往時は「四十二曲り」と恐れられた険路であり、地元に伝わる古い歌では、
「片辺山越え二里半ござる、ゴンゾわらじが夜に二足」
と歌われている。
「二里半」とはおよそ9.8kmで、「ゴンゾわらじ」というのはおそらくわらじの種類のこと、それを二足履き潰すほどの山道であったということらしい。

四十二曲りを克服し、平坦な道路開通を目指す海府道も、数kmにわたって続く絶壁の海岸を行くことはできず、大正時代の戸中隧道の竣工後、 海府道の北進はそこでストップしてしまった。
この区間は後回しということにされ、区間を挟んださらに北側で工事が進んでいったのである。

最終的にこの区間に車道が貫通したのは、海府道の工事が始まってから20年以上も経過した昭和9年であった。

1-1 現道から見る旧道の路盤

新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 1 戸中の集落から、道は高度を上げ始めた。
大きな高架橋で戸中の集落を一跨ぎし、海岸段丘の上に出たようだ。
大正時代に穿たれた北狄隧道も戸中隧道も海面スレスレのところにあったが、もはやその高度では車道開通は望めないと判断されたのだ。
このあたりの事情も、天嶮の崖を避けるために高度を上げていった親不知とよく似ている。
親不知は明治時代にすでに開通していたが、さすがに佐渡ではそこまで予算が回らなかったのだろう、車道の開通は昭和まで待つことになる。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 2 戸中隧道からわずか2kmほどで、次の物件だ。北狄隧道からも4kmも離れていない。
息つく間もなく次々と連続する廃物に、楽しい反面、注意力を要する探索で疲れもあったらしい。
明らかに昭和一桁の竣工ではありえない、長大な橋の半ばまでも来て、あわててフルブレーキ。

今立っている橋は長さ300メートル近く、海に突き刺さる橋脚の高さは50メートルはあろうかという立派な橋。
後の探索で分かったことだが、名は「鹿ノ浦大橋」で、平成15年に竣工したばかり。
当然、それまで使われていた旧道が、崖に張り付いて伸びているのが見えた。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 3 崖の中腹に刻まれた路盤は流石に鮮明だ。
その一方で、どう見ても路盤の上には藪が生い茂っている。
砂利道ならば、わずか数ヶ月使用されなかっただけで藪が生い茂ることもあろう。
しかし、つい数年前まで使用されていた県道である以上、舗装されていたことは間違いあるまい。
いったい、旧道に何が起こっているのか?
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 4 すでに橋の半分以上を過ぎており、いまさら戻るのも・・・と思い、この旧道は反対側から探索することにし、さらに先へ進んだ。

二つ上の写真にあるとおり、現道の橋の先にはトンネルがある。
そして、そのすぐ脇の旧道の先にも、放棄された隧道が見られた。
あれこそが昭和9年、海府道の工事開始から20年も経過してようやく開通した、鹿ノ浦隧道である。

また、写真右に写る石垣は歴史を感じさせるものだ。
これも隧道工事時代、すなわち、昭和初期のものだろう。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 5 隧道はどうも封鎖されているらしい。
坑口前には密に配置された木製の壁が立ちはだかっている。
遠目にはそれが「密封」なのかどうかは判別できない。
内部探索・・・できるか?
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 6 鹿ノ浦大橋の先にあるトンネルは鹿ノ浦トンネル。
ものっそい横長の巨大トンネルである。
歩道幅員は3.5メートルもあり、車道一車線より広い。

トンネルの延長は270メートルで、鹿ノ浦大橋のそれとほぼ同じ。
だだっ広いトンネルを抜け、鹿ノ浦隧道の反対側坑口を目指した。

ちなみに私はさっきから写真を撮るために反対車線を走っているが、それが恐怖にならないほど、交通量は少ない。
もっとも、夏のシーズンなどは込み合うだろう。

1-2 坑口への・・・障害?

新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 7 現道のトンネルを抜け、旧道の北側入口に着いた。
左右に伸びる道が現道、奥が旧道だ。
進入。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 8 とりあえず二車線は確保された旧道も、入ってからすぐに舗装が途切れた。
どうやら、人為的に舗装をはがしたらしい。
隧道の向こう側が藪に包まれていたのは、このようにして半ば砂利ダートになってしまったためらしい。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 9 いつの間にか一車線になり、やがて隧道が見えてきた。


が・・・

人の気配がする。

まずい、ここは私道になってしまったのか?
人がいないことを期待しながら、恐る恐る接近する。

1-3 鹿ノ浦隧道

新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 10 残念ながら(?)私の予感は当たってしまった。
あわてて事情を説明し、旅行者であること、こういう道に興味があり、見学させてもらいたい旨を伝えたところ、幸いにも許可を頂くことができた。
ただ、流石にその人の前でパシャパシャ写真を撮ることはためらわれたので、入口である鹿ノ浦隧道の東側坑口については十分な写真を撮ってくることができなかった。
この写真は上の写真を拡大したものだ。

こちら側も坑口が閉鎖されている。
しかしながら、幸いにも「密閉」されているわけではなく、徒歩ならば脇の隙間からもぐりこむことができそうだ。
抗門の組み方を見ると、煉瓦にも見えるが・・・石組み、かな。

自転車は坑口前に置いておき、単身内部へと突入する。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 11 内部より振り返って撮影。
足元に置かれた重そうなコンクリートの塊は、きっと二度と動かされることはない。
鹿ノ浦隧道は、もう、死んでしまった。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 12 一直線に伸びる鹿ノ浦隧道。
「佐渡相川の歴史」によると、その延長は225.97メートル。
昭和8年4月より工事が始まり、昭和9年4月に竣工した。
それ以前に開通していた、北狄隧道戸中隧道と異なり、素掘りではない。
今ではご覧の通りコンクリートが吹き付けられているが、当時は抗門と同じく石組みだったと思われる。

この隧道が平成になって放棄されてしまったのは、この狭さにある。
昭和初期の竣工当時としては大変に立派な隧道であった鹿ノ浦隧道も、大型車がすれ違うことができないこの狭さはいかんともしがたかった。
幅員は5.2メートルしかなく、現代交通においては、この鹿ノ浦隧道こそが「難所」といわれた所以である。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 13 何せほんの数年前に役目を終えたばかりなので、崩落どころかひび割れなども全くない。
一箇所だけ見つけられたひびの間からは、吹き付けコンクリートの支持材等が見えたが、本来の天井部分は見えない。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 14 戸中隧道で見られたような、電線を吊ったと思われる二列の杭はここにもあった。
あれはおそらく竣工当時のものだろう。
それらはかなり以前から使われていなかったように見えた。
ただ、往時は電線自体は走っていたようで、今でもその名残が存在する。
隧道前後を見る限り、これももう使われていないようだが。
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道 15 反対側の坑口に到達。

現道の橋の上からは密封されていたようにも見えたが、こちら側も入口と同じく、両脇に隙間がある。
封鎖の仕方も入口と全く同じで、もう二度と車両を通すことはないだろう。
そのわりに密封されていないのは、単に放棄されてからの日が浅いためだけなのかもしれない。
昭和一桁の貴重な隧道も、密封封鎖の危機をはらんでいる。
柵の脇をすり抜け、先ほど現道から見た崖の中腹の廃道を目指す。
[ 06' 10/1 訪問 ] [ 06' 11/24 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
新潟県道45号 佐渡一周線 鹿ノ浦トンネル旧道 鹿ノ浦隧道12