新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 1

概要

新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道の地図佐渡一周編その4からの続き)

大正2年より相川町中心部から北進を続けた海府道=現在の県道は、大正7年頃に戸中隧道を開通するも、 技術面の難航が予想されたそこより先の難所(鹿ノ浦隧道南片辺トンネル参照)を開鑿することができなかった。
そのため、その区間を後回しにして、難所を挟んだ先を先行して行うことになり、大正6年から工事が進められた。
南片辺から今回紹介する大倉隧道までは海岸段丘の下に細長い平地が続き、比較的工事の進捗は順調であったようだ。
その距離は14〜15kmほどもあるが、大正14年には隧道の手前、大倉の集落にまで達した。
しかしながら、予算の関係で、集落に達した時点で海府道の工事はストップしてしまう。

なお、このとき工事が止まった理由はもうひとつあると思われる。
というのも、大正14年の時点で、すでにこの場所に隧道が掘削されていたからである。
それが、本稿の主役、大倉隧道だ。

隧道が開鑿される以前は、人々は波打ち際を歩いていた。
その場所を人は「大倉走(わし)り」と呼び、すでに紹介した「戸中の洞屋」、 「四十二曲り」、この先にある「関の銚子口」と並び、佐渡外海府きっての難所であったという。
断崖絶壁の下を行く様はここでも「佐渡親不知」の異名をとり、人々は恐怖した。

その難所を避けるためにこの地に隧道が開鑿された。
それは大正よりも前、明治45年のことであった。
当時盛んであった鉱山の技術を用い、二つの隧道をくりぬいたといわれる。
すなわち、大正14年に海府道がこの地に達したとき、その隧道がそこにすでにあったのだ。
明治時代に造られた隧道はその後何回かの改修を施されたといい、海府道の工事においても、改修を受けることになっていたのだろう。
しかしながら、それだけの予算がつかず、とりあえず明治の姿のままにとどめ、工事がストップしたというわけだ。
その後工事が再開するのは、先の四十二曲りの区間に手がつけられた、昭和初期である。

ただし、現在の県道は明治時代に端を発する大倉隧道も避け、平成3年、陸側に巨大なトンネルを開通させている。
かつての明治隧道の姿や、如何に。

1-1 大倉走りを歩く

新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 1 南片辺トンネルからおよそ15km、目立った難所らしいところもなく快走してきた。
所要時間は40分ほどであったから、荷物満載のブロックタイヤMTBにしてはずいぶん速い方である。
そのうちの一部区間については当初集落内部を通っていた旧県道を改め、海側を埋め立ててバイパス化した箇所もあるが、 集落道として現役の旧道については探索を行っていない。

これまで探索した佐渡の廃道に関しては、すべて行き当たりばったりで出会ったものであった(そこにあるだろうということは予想していたが)。
しかしながら、「大倉走り」だけは、ひょんなことからその高名を耳にしており、いうなればこれを見るために海を渡ったようなものである。
ただし、写真でそれを見る機会はなく、いったいどのような姿を見せてくれるのか、楽しみでならなかった。
未知のものに挑むというのは、何事にも変えがたい喜びである。

そんな隧道が徐々に迫ってきた。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 2 上の写真の拡大図。
資料の通り、見る限り少なくとも二つの隧道が確認できる。
ロックシェードに阻まれた奥の隧道はよく見えないが、手前の隧道は素掘りで封鎖されているような気配だ。

なお、全国隧道リストによれば、手前が「第一大倉隧道」、奥が「第二大倉隧道」らしい。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 3 旧道へは現道のトンネル直前で分岐する。
正面のトンネルは平成3年に竣工した「大倉トンネル(延長422メートル)」である。
かつての海岸伝いの道、「大倉走り」から数えて、三代目の道ということになる。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 4 分岐から旧道方向を見る。
手前の隧道は案の定封鎖されており、内部探索は絶望視された。

・・・だが、この期に及んで私はあきらめていなかった。

「両隧道の間にある、ロックシェードに達すれば、あるいは・・・」
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 5 ひとまず隧道を目指すも、封鎖の前に藪に阻まれてしまった。
この程度の藪であれば自転車でも容易に突入することは可能であったが、とにかく佐渡では二度も蜂に襲われたことから藪恐怖症になっており、 これ以上進むことは控えた。
それに、先へ進んでも封鎖されていることが明白なのだ。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 6 ならばどうするか?
それは「海岸を歩く」である。

イントロで述べたとおり、かつてこの海岸は「大倉走り」と呼ばれ、幾千幾万もの人を恐怖させながらも通した道、いわば旧旧道にあたる。
水没せぬ限り、風波穏やかな今日の日に進めないわけがない。
両隧道をぐるりと迂回してしまっては意味がないので、とにかく手前の第一隧道を周り込んだ後、間にあるロックシェード内に這い上がることを目指した。
ただし、ロックシェードまでは海岸のかつての道から高さ5〜6メートルもあり、どうやって登るかは考慮していない。
賭けである。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 7 その途中から第一隧道を見上げてみた。
あわよくば藪を回避し、ここから登れないかとも思っていたが、ここは無理だった。
どうしても坑口に立ちたければ、藪を突破することは不可避なようだ。

まあ、閉鎖された坑口に立ってもしょうがない。
問題は、あの封鎖を迂回できるかどうかなのだ。

1-2 廃道までの意地

新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 8 実際のところ、旧旧道たる海岸線は人が歩くには特に支障ない。
自動車大の巨石がゴロゴロし、足元はひどく悪く、道としての体裁はなんら留めていないとはいえ、ちゃんとした靴であれば磯歩きのそれと変わらない。
往年の徒歩道時代の姿はいまや知る術もないが、いくらなんでも昔はもう少し管理されていたと思われる。
磯歩きと変わらないというのは、当時の道らしさはどこにもないということでもある。

幸いにして水没するようなこともなく、第一隧道を迂回してロックシェード直下まで達することができそうだ。
が・・・
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 9 高い・・・

聳え立つコンクリートの壁は波に抗うためにはるか頭上にまで伸びている。5メートルはあるだろう。
磯に下りる梯子などを期待したのだが、それもない様子。
コンクリートは劣化しかけ、表面はボロボロになってきてはいるが、手がかりにはとてもならない。
プロのクライマーでも、このつるつるのコンクリートは登れまい。

目の前に往年の隧道と廃道があるというのに、このまま登れませんでしたではあまりにも悔しい。
何とかならないものかとさらに先へ進んだ。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 10 むむっ、これは足がかりになるんじゃないのか!?

とぼとぼと磯を歩き続け、もう第二大倉隧道の目の前にまで来てしまっていたが、そこでついにロックシェードにアプローチできそうな足場を見出した。
この岩に登ることができれば、岩と旧道との高低差は1メートルほどになる。
そこからなら旧道の路盤に這い上がることもできるはずだ。

よっしゃ、燃えてきたぜ。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 11 わずかな可能性が見えてきたとはいえ、上の写真の斜面は直角に近い形で切り立っており、素人に手をつけられるものではない。
ひとまず反対側に周ってみると、そこはもう第二隧道の直下だ。
ボロボロのコンクリートで延伸された第二大倉隧道が見えるが、近づきすぎたが故に坑口の様子はいまだ不明。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 12 はっきりいってこの岩に登れなかった場合、ロックシェードへのアプローチは完全に絶たれる。
最初に見た岩の斜面はそうやすやすとは登れそうもないほど切り立っており、当初はこれも難しいかとも思えた。
しかし、反対側はうまいこと階段状の斜面になっていた。

これは・・・行ける!
行けるといっても平坦な部分は全くなく、どうにか足を置ける幅も30cmにも満たない。
傾斜はゆるいが正面を向いて登ることはできず、必然的にカニ歩きになる。
場所によっては踵が空中に浮くようなところだ。
高さは最大でも5〜6メートルだし、ヘルメットもしているためにたとえ転落したところで死にはしないだろうが、だからといって気の抜けるところではない。
家の外壁に作られた、幅30cmの雨どいの上を歩くようなものである。

それでも、目の前の隧道と劣化して芳醇な廃の香りを放ち始めたコンクリートに誘われるがごとく、歩を進めた。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 13 到達!・・・までもう少し。
岩に登りきったところ、目の前には背筋がゾクゾクするような廃美が広がった。
見えなかった第二大倉隧道もその姿を現し、その坑口が土砂を積まれて封鎖されていることも突き止めた。
もはや省みられることのない重厚なコンクリート構造物が、めまいを起こさせるほど輝いて見えた。
もっとも、こんなところでめまいを起こしては転落しかねない。
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道 14 岩の上から反対側を写す。
こうしてみると結構な高い位置にいることが分かる。
しかし、岩に登るのはここが限界だ。
岩の頂上はもう数十cmほど高いが、そこはもう足を置けるスペースがない。
旧道の路盤はほぼ私の肩の高さであり、まだここから這い上がるにはテクニックが要された。

否、写真に写る柵をつかみさえすれば、肩の高さまで体を持ち上げることは容易である。
不安なのは、柵がすでに劣化して明らかにグラグラする上、よしんば登り得たとしても、帰るときに幅わずか20〜30cmしかない現在の足場に戻ってこれるかどうかだ。
いいかえれば、路盤から岩までの1.5メートルの高さを飛び降りて、幅20cmの足場に着地できるか、ということである。
正直、私は岩の上で体を旧道の路盤に預けたまま、迷った。
行きは良い良い帰りは怖い・・・
[ 06' 10/1 訪問 ] [ 07' 1/5 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
新潟県道45号 佐渡一周線 大倉トンネル旧道 大倉隧道123