新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 1

概要

新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道の地図佐渡一周編その1からの続き)

大正時代、断崖に陸路を切り開くべく、次々に隧道が誕生していった。
その多くは、現代の交通に合わせて新たに掘られたトンネルの横で、静かに時を過ごしている。

当時の工事では、やはり隧道工事がもっとも困難であった。
北狄で最初の隧道を開いたはよいが、その先も果てしなき断崖が続き、多くの隧道が必要とされた。
特に、北狄地区の北にある戸地地区より先のおよそ6kmの海岸線は、「戸中の洞屋」「四十二曲り」という佐渡外海府でも1、2を争う難所が連続し、 「佐渡の親不知」とも評されるほどであった。
相川町から北進してきた海府道(現在の県道45号)の工事も、あまりの険しさにこの区間の工事を後回しにして、 さらに北方の集落から南進する形で工事が進められた。
結局、戸中より先の難所に海府道が貫かれたのは工事が始まってから二十年以上も経過した昭和になってからである。

1-1 高嶺の暗闇、戸中第一隧道

新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 1 北狄隧道よりおよそ1.7km。
その間も道は海岸段丘の根元を走り、崖が海まで迫っている。

大正6年、北狄隧道の竣工とともに北狄地区まで伸びた海府道はさらに北進を続け、大正7年には戸地(とじ)の集落にまで達した。
今私がいる場所がその戸地集落だ。
集落の北端には戸地川という川が流れており、現道は近代的な橋でそれを越えている。
また、橋の向こうには大きなトンネルが見える。
あれは昭和49年竣工の「戸中(とちゅう)第二トンネル」だ。
戸中というのは、あのトンネルを抜けた先の集落の名前である。

うっかりして橋の方の名前を調べてくるのを忘れてしまったが、写真左下に写る親柱には「しんと」まで判別できたため、 おそらく名称は「新戸地(川?)橋」と思われる。
「新」が付くからには、オリジナルの「戸地(川)橋」があったはずだ。が、今は無い。
無いというのは、
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 2
こういうことだから。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 3 現道のすぐ左脇に、現道と並行する小道がある。
これが旧県道であり、その道が川にぶつかるところでこの光景に出会った。

川の向こうにはやはり隧道があり、あれこそが大正時代、海府道として築かれた隧道のひとつ、「戸中第一隧道」、その姿である。
周囲の絶壁の中に埋もれるようにして鎮座するその姿に、思わずため息が漏れた。
アクセスするための橋がなく、手の届かなくなった存在がますます寂然として心を打つ。
なにより、隧道の前にぽつんと孤立する、木製電柱が絶妙だ。

戸地集落と戸中集落の間には今も昔も隧道が存在するわけだが、さらにその昔は海沿いを歩いていた。
この集落間の道が「戸中の洞屋」といわれた難所なのである。
イントロで述べたとおり、ここから先の道が全通したのは昭和になってからであるが、とりあえず戸中までは大正時代の工事で開通している。

隧道の竣工年については史料によって食い違いが見られる。
全国隧道リストでは大正2年とされているが、相川町史「佐渡相川の歴史」では、戸中隧道の開鑿には北狄隧道の竣工(大正6年)から1、2年かかったとある。
リストの大正2年というのは相川町中心部から海府道の工事が始まった年なので、町史のほうが正解のような気がするが・・・
いずれにせよ、大正一桁なのは間違いなさそうだ。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 4 拡大。
立派なポータルを備え、坑口上部には右書きの扁額もあり、「戸中隧道」と書かれている。
この隧道も北狄隧道と同様に昭和初期に改修を受けたというが、ポータルの古さから察すると、竣工当時のものかもしれない。

内部で曲がっているのか、はたまた崩落しているのか、向こう側の光は全く見えない。
木の柱で封鎖されているが、坑口にさえたどり着ければ、隙間を抜けることはできそうだ。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 5 しかしながら、こちらからの到達はほとんど不可能(現道の橋の上から撮影)。
坑口まで延びていたであろう旧戸地川橋はすでになく、まともな手段で坑口まで行くことはできない。
「まともでない手段」にしても、坑口は川面から数メートルの高さにあり、どうやっても登攀が必要になる。
その登攀すらも、全くの垂直の壁を登ることになり、素人には無理だ。
そもそも、隧道のある川の右岸に降りれそうなところがない。
川は岩壁を思うがままに削り取り、高さはあまりないが、周囲はあのような絶壁である。
ああ、護岸工事も何もない、ネイチャーな島、佐渡よ・・・

1-2 高嶺に、もぐる

新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 6 隧道には入口があれば必ず出口がある。
川を挟んで見た限りでは出口の無事は保障されなかったが、一縷の望みをかけて反対側からのアプローチを試みることにした。

現道の戸中第二トンネルはその名の通り、第一トンネルとセットになっている。
うまい具合に第二と第一の間には車も出られるような場所があった。
あそこから海側に出てみよう。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 7 そこは切り立った入り江の中だった(右が私が来た方向、左がこの先の戸中集落へ通じる)。
天を仰ぐ絶壁はいったい何十メートルあるのか分からない。
ともすればポルコ=ロッソが飛行機とともに現れそうな、秘密空間である。
だがこの入り江にて私を迎えてくれたのは、空飛ぶ豚ではなくて・・・
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 8
地  中  の  穴
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 9 手の届かなかった隧道が、目の前にあった。
向こう側と同じく、つきたてられた柱が暗に往来を禁じているが、特にそれを明示するものはない。
立派なポータルが備わっていた戸地集落側の入口とは異なり、こちらは完全に掘っただけのようだ。
出口の明かりは見えているが、なにやら青みを帯びており、明らかに先ほど私が見た場所ではない。
隧道は2本あったのだろうか・・・?

とにかく入ってみよう。向こう側が見えるからには、きっとたどり着けなかったあの場所へも通じているはずだ。

1-3 戸中第一隧道の蒼き出口は、出口にあらず・・・?

新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 10 内部も掘ったまんまの素掘り隧道。
特に大きな崩落もない様子。
とりあえず出口までは目測で50〜60メートルくらいか。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 11 基本的に幅員は1.5車線より若干広いくらいだが、一箇所だけ待避所のように膨らんだ場所があった。
詳しくは別の回に述べるが、ここが放棄された昭和49年には、すでに現道の佐渡一周線はほぼ現在のようにぐるりと一周できる形を取っていた。
当時も自動車で一周する人がいたことだろう。
この隧道も、県道として自動車を通していたわけだ。
そういった意味で、ここは本当に待避所として機能したはずだ。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 12 天井には二本の杭が一直線に並んでいた。
戸地の集落側の坑口に孤立する電柱があったことから、電線が通されていたものと思われる。
もっとも、この隧道に明かりが灯されていたのかどうかは知らないが・・・
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 13 巨大な岩塊に築かれた隧道はすでに御年九十ほど。
そんな古い素掘り隧道が、ほとんど・・・というか全く補強工事も行われずに今もこうして残っている。
かなり地山の地質はよさそうに見え、当分は埋没消滅ということはなさそうに思えるが、落石には事欠かない。
北狄隧道とは異なり、足場はかなり悪い。

出口は近いが・・・なんだ???

1-4 隧道内"洞窟"!!!

新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 14
アアオ───ッ!!!
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 15 いけねえ、吠えちまった。

つーか何?谷?
えっ、足元ないよ?
どゆこと?
右は海?はい?


ここで隧道が途切れているのかと思いきや、天井は、天井なのだ(?)。
入口からは隧道はいったん外に出ているように見えたが、実際にはそうではなく、洞窟の中に出ていた。
その洞窟の床面よりも高い位置に坑口が空いており、そのために足元は2〜3メートルの落差が生じている。
無論空は見えず、代わりに海からの青い光が隧道を照らしていた。
信じられない光景だ。
廃美を通り越した光景だ。
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 16 谷を挟んだ向こう側の隧道も健在らしい。
出口は木の柱で封鎖されているのが見え、あそこが集落から見た戸中隧道の入口だろう。

さて、問題なのはこの隧道の構造。
竣工当時からこの姿だったのか、である。
現役の県道であった頃もこのように「隧道内」が存在していたのであれば、 世にも奇妙な「隧道内"橋"」があったことになる。
つたない図で申し訳ないが、簡単な絵にしてみると、下図のようになる。
隧道内地図(赤矢印は私が進入してきた方向)
注目すべきは、裂け目のような洞窟を境にして、隧道が角度を変えていることだ。
もともと角度を変えて掘られたものが、たまたまその頂点を境にして、しかもうまい具合に裂けたとはまず考えられない。
また、よく見ると洞窟部分の天井には電線をつるしたと思われる杭が刺さっていた(洞窟と隧道の天井の高さはほぼ等しい)。
これらのことから、掘削時には入口の入江側からに加えて、この洞窟側からも掘り進めていったことがうかがえる。
そう考えると、先ほど見られた待避所のような妙なスペースも、ひょっとしたらお互いの進行方向が合わずに、ずれてしまった結果なのかもしれない。

洞窟から隧道が伸びたというか、隧道が洞窟に出たというか・・・
とにかく、すげえ・・・
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道 17 洞窟と天井の高さは等しいが、足元はそうは行かない(写真は海側を撮影)。
信じられないことだが、この隧道は昭和49年まで現役の県道であり、自動車も通したのである。
洞窟の中に出たことで形成された、深さ2〜3メートルの「谷」には、かつてその自動車を通すための堅固な橋が架かっていたはずだ。
その「隧道内橋」というのを一度見てみたかったものだが、今では橋台の跡すらない。
おそらく、非常に簡素な、要は木橋であったのではなかろうか。
もしも、そんな橋がこの隧道にあったのならば・・・廃されていない、現役時代であろうとも、私はこの場で卒倒しただろう。
橋のない今ですら、「隧道内洞窟」という驚愕の光景にめまいを覚えたほどなのだから。
さて、橋がないということは、"対岸"に渡ることが困難となることを意味する。
どうやって向こう側に行こうか・・・
[ 06' 10/1 訪問 ] [ 06' 11/3 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
新潟県道45号 佐渡一周線 戸中トンネル旧道 戸中第一・第二隧道123