国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 1

概要

国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネルの地図
国道278号は北海道函館市を起点とし、亀田半島をまわって茅部郡森町に至る全長114.3kmの国道である。
この国道は以前に滝の沢トンネル日浦岬の廃道としてお伝えした路線であり、今回紹介する区間は両者の間に存在する。
もっと詳しくいえば、滝の沢トンネルのすぐ先に位置するといってよい。
歴史的経緯についても滝の沢トンネルとほぼ同じであり、詳細は該当記事を参照されたい。

簡単におさらいすると、滝の沢トンネルと銚子トンネルを含む古部〜椴法華間は峻険な断崖の海岸が続く場所で、そこに海岸道路が完成したのは昭和41年に滝の沢トンネルが開通したときのことである。
ただし、滝の沢トンネルひとつで両集落が結ばれたわけではない。
古部側から見た滝の沢トンネルは銚子岬の手前にまでしか延びておらず、その岬を回るためには、屏風トンネル銚子トンネルも必要だった。
両者の竣工年ははっきりしないが、古部〜椴法華間の工事が昭和36年に開始されていること、それ以前の地形図に海岸道路が存在しないことから、竣工は昭和30年代後半と思われる。
昭和41年に滝の沢トンネルと合わせて開通したことで、両集落が自動車道路で結ばれた。
昭和45年からは国道にも指定されている。

滝の沢トンネルが北海道のトンネルとしては珍しい程に狭小なトンネルとして今日まで現役であるのに対し、銚子岬を回る道と二つのトンネルは、それから幾年もしないうちに放棄されてしまった。
なんと全線開通から10年もしない昭和50年、岬をショートカットする延長1437メートルの長大トンネル(こちらも銚子トンネルというが、レポートでは便宜的に新銚子トンネルとする)によってバイパスされ、岬の道は村道銚子岬線として椴法華村の管理下に入った。
滝の沢トンネルの項でもお伝えしたとおり、一帯は開通後も改良を求める声が高かった地であり、国道昇格にあわせて新銚子トンネルが計画されたのだろう。

村道に降格してからはまともに整備されなくなったらしく、昭和63年の資料である「北海道の道路トンネル 第1集」にある屏風トンネルの写真では、その時点ですでに車止めが置かれ、内壁が剥離しているのが確認できる。
昭和41年の開通記念式典では、「開通祝賀パレードを沿道で見守る地元の人たちの喜びは大きかった」(「渡島東沿岸の100年」より)はずなのに、10年持たずして捨てられてしまった岬の道。
短命にして捨てられた者のうらみつらみが聞こえるその道で、藪が、大岩が、牙を剥く。

1-1 新銚子トンネル

国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 1 まずは新銚子トンネルの紹介から。


この写真は滝の沢トンネルの探索を行った際に撮影したもので、場所は古部側の新旧分岐地点だ(写真右が新銚子トンネル坑口、正面が旧道)。
このときはご覧の通り付近で工事をしており、旧道に進入することは叶わなかった。
まあ、滝の沢トンネル横坑で足はずぶ濡れになっており、探索どころじゃなかったけどね・・・
旧道に進入したい気持ちもあったが、「工事中だし〜」とか理由をつけてスルーした。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 2 新銚子トンネル内部。
滝の沢トンネルとは違い、ある程度の幅員が確保され、最近付け替えられたような照明もまぶしく輝いていた。
実際、銘板を見て昭和50年竣工とわかるまでは、ごく最近作られたものだと思っていた。

1-2 ユンボよそのままで

国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 3 時は上記滝の沢トンネル探索から半年も経った秋口のこととなる。
写真は新銚子トンネルの椴法華側坑口から旧道を写したもので、山側を削った法面が確認できる。


新銚子トンネルの椴法華側はサーフビーチになっており、この日もたくさんのサーファーが波乗りを楽しんでいた。
私もこの日は自転車乗りを楽しんで・・・といいたいところだが、今日はインチキして車である。
車中から古部側の新旧分岐地点を見た限り、この日は工事している様子はなかった。
・・・廃道日和だね。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 4 車から自転車を取り出し、椴法華側の新旧分岐地点に向かう。
旧道区間約3kmを無事に通過できれば、以前は工事のために進入できなかった古部側に出られることになる。
現場では廃道化した旧道への不安よりも、出口側での工事のことが気がかりだった。
この日は工事が行われていないことは車中より確認したものの、現在時刻は午後12時半。
単に昼休みで人がいなかっただけ、ということも無きにしも非ず。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 5 新銚子トンネル椴法華側坑口の脇に、旧道が分かれている。
左手の黄色い看板には工事緒言がかかれており、やはり完全に工事終了というわけではないらしい。
目の前のユンボは、とりあえず動いていない。
こっそり侵入。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 6 工事関係者に冷や冷やしつつも、裏返っては工事用道路としてちょっとくらいの往来があるのでは、などと期待もしていたが、ユンボがあった採石場を過ぎた途端に廃道化してしまった。
やばい、しょっぱなからこれは、実にやばい。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 7 とりあえず土砂崩れというものはないため、なんとか自転車を押しながら通ることは可能だ。


新旧分岐地点から200メートルも行かないところで、藪に埋もれた封鎖によってさえぎられる。
鉄パイプを組み合わせたこの柵は、どういうわけか一箇所だけ抜けていた。
おかげで下なり上なりを考えて自転車を通す必要もなく、身をかがめて通過。

1-3 はなえばし

国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 8 でました国道278号名物、絶壁海岸。

藪が開けた岩場には、豪快な景色が広がっていた。
日浦岬もそうだったし、この辺りの海岸線は実に険しい。
その海岸線の岩場を、ゴリゴリ削って造られた道が、ボロボロになった姿で目の前にある。
道の誕生は昭和30年代であるが、日浦岬のように昭和初期にできていたなら、この辺りも狭い素掘り隧道が連続していただろう。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 9 橋!!

周囲の岩壁に融け込むまで自然の物に成り果てたそれに気がついたのは、相当に近づいてからだった。
良くない足場ながらもペダルをこぐ自転車に力が入る。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 10 「これは良い廃橋・・・」

小さくも深い入り江を跨ぐ橋は、放棄後30年以上を潮風に打たれ、見事に朽ちていた。
膝丈までしかない低い欄干はぶっとくて頑丈そうに見えても、海側のそれはすでに海の藻屑と消えた。
剥きだしのコンクリートが崖の岩と同化して見える。
頬ずりしたくなります。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 11 小さな廃橋は延長15メートルくらいだろうか。写真は渡ってから振り返って撮影。
取り付け部分の崩壊も進んでおり、大きな段差は自転車乗りには一苦労。
大岩と橋のコンボで、工事の際にも苦労しただろうことが見て取れる。
大岩は掘り割るんじゃなくて、隧道にしてほしかったな・・・


親柱は4本とも残されているものの、橋名などを書いたプレートが残るのは3枚のみ。
どれも文字は消えかけ、かろうじて竣工が昭和33年11月、橋の名がはなえばし(漢字不明)であることは読むことができた。
史料によるこの区間の工事開始年は昭和36年なので、橋はその3年前に完成していたことになる。
う〜ん、この先の銚子、屏風トンネルも必ずしも工事開始年を参考にはできないかもしれない。

1-4 ドカンドカンドカンと三つの穴

はなえばしは旧道に入ってから300メートル程のところにある。
この間自転車に乗車できたのは橋の手前数十メートルに過ぎなかったが、その自転車は上の写真のところに早々に放棄することになった。
その理由は次の写真。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 12 あば。

路盤はどこへ消えた・・・

はなえばしでウキウキしていたのもつかの間、橋の向こうに広がっていたのは天国のような地獄。
深さ3メートルほどの大穴がドカンドカンと2つ、口をあけて待っていた。
まだ廃道区間に入ってから間もないということもあって、あっさり自転車の放棄を決意したのである。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 13 実際のところ、山側を迂回したので自転車ごとでも何とかなるレベルではある。
しかし、旧道入り口からしてすでに回復不能なほどの廃道であった以上、この先3km近い道のりで状況が悪化することはあっても乗車可能になる可能性はほとんどない。
とまあ理由つけてわずか300メートルでこの日の相棒との旅は終了。後は単身で向こう側を目指すのみである。


崩壊路盤にわずかに残された足元を歩いていると、先になにやら気になるものが・・・
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 14 隧・・・道・・・?

っぽいけど、路盤は海側にあるし、人工物ではなさそうだ。
そんな風に見えるのは、幌満隧道でこんな感じの明治隧道を目にしているからか。
一方で、内部の壁には人的に削ったような跡もあり、工事の際に何らかの形で活用したことが窺える。
普通乗用車なら、何とか擦らずに通過できるだろう。

せっかくなのでこっちを通過。
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル 15 振り返って撮影。
ご覧の通り、道は隧道の外にある(あった)。
でも、あやしい。
隧道か、単なる自然の造形か。その答えが出ることはおそらくないだろう。
いまはただ、3km近いこの先の岬の廃道を、無事に通過できるかどうかが問題なのだ。
もう見えなくなった相棒に背を向け、未知なる二つの廃隧道を目指す。
[ 09' 9/19 訪問 ] [ 09' 12/13 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
国道278号 新銚子トンネル旧道 銚子トンネルと屏風トンネル1234