国道8号 親不知旧道 1

概要

国道8号 親不知旧道の地図
「天下の嶮」といったら、皆どこを思うだろうか。
ある人は箱根を挙げるかもしれない。またある人は碓氷を選ぶだろう。
だが、多くの人はこう言うはずだ。
それは「親不知」である、と───

親不知は新潟-富山県境からやや新潟よりにある、古来から北陸道(現在の国道8号)の難所として知られる区間だ。
この地は北アルプスの山塊が直接海に落ち込む地であり、少し内陸に入れば1000メートルを越す山々が聳え立つ。
その山塊は日本海の怒涛に削られ、海岸には天を突かんばかりの大絶壁が形成された。
通常、このような交通に適さない海岸線は迂回され、山越えの道が取られるものである。
しかしながら、あまりにも急峻かつ複雑な地形を誇る北アルプスの山々は、徒歩の往来を拒んだ。
人々は、絶壁の足元に残されたわずかな磯を頼りに、波飛沫をかいくぐってまさに死地を駆け抜けたのである。
その雷名は天下に轟き、遠く離れた私の故郷、北海道にすらも「蝦夷親不知」という地名が残されるほどであるから、その無二なる嶮路ぶりが窺えよう。


現在の国道8号、特に親不知付近の道は、古代律令制の時代にまでその歴史を遡る事ができる。
大和、奈良、そして京へと通じる物流の道として、当時はおそらく今以上に重要な街道であった。
戦乱の世には上杉謙信を初めとした数々の武将達が大軍を率いてこの地を渡っており、その様は「乱世の廊下」とも称される。
時代が江戸に下っても、以前京との往来、そして北陸諸藩における参勤交代の道として、重要性は増すばかりであった。
その一方で、他の主要街道が整備されていく中、絶壁の下のわずかな磯という物理的に手のつけようがない親不知の区間はほとんど改築もできず、 律令の時代とほとんど変わらない、道ともいえぬ道であったという。

そんな場所にようやく道らしい道が造られたのは明治になってからである。
明治9年に国道、県道、里道の制度が確立し、親不知を含む北陸道は国道三等となり、道幅は二間半(約4.5m)とされた。
待望の道路整備に住民の期待は膨らんでいったが、さらにこれに火をつけたのが明治11年の明治天皇北陸巡幸である。
先にお伝えしたとおり、明治天皇の北陸巡幸は長岡街道曽地峠といった、その後の国道8号の運命を決定付ける大きな意味を持っていたが、ここ親不知でも同様であった。
しかしながら、明治11年の巡幸の時には国道の開通は達成できず、一行は古来の磯を歩かねばならなかった。
しかも、子不知(区間東端の青海地区から歌地区までの約4km)の大部分、そして親不知でも最も過酷とされた「天嶮」といわれる大絶壁の海岸は避けられ、 巡幸に先立って整備された山道を迂回することになった。
明治天皇に立派な道路を見せることができなかった沿道住民はこれに激しく失望したが、これがなおいっそうの奮起を呼び起こし、 明治13年に県議会で工事の予算を獲得、同15年5月、ついに着工に至った。
そして明くる明治16年12月1日に完工し、盛大な開通式が行われたという。
完工までにかかった費用は当時の額で7万円近くにまで達した。
ほぼ同時期に造られた国道8号曽地峠のそれが1万4千円であったことと比較しても、その工事がいかに困難で大規模であったか、想像に難くない。

この明治の国道は断崖の中腹を新たに削って造られたもので、それまでの古来の道は廃された。
これにより、かつて波の引く瞬間を待って命がけで走り抜けたという絶壁の磯道は過去の物となったのである。
明治の道は当時国道三等として指定され、その後国道11号線となった後、昭和27年に一級国道8号線、昭和40年には一般国道8号線となって今に至る。

国道として開通後も改修工事は続けられ、大きく分けると昭和8年、昭和40年前後、そして平成に至ってもなお完了したとはいえない。
現在の道路も、ほぼ明治に築かれた路盤を踏襲しているが、直角に近い絶壁の中腹にかろうじて刻まれた道は常に自然の脅威に晒され、 度重なる土砂崩落と通行止めはいまだに後を見ない。
また、日本海側としては西日本と東日本をつなぐ唯一の道で多くの大型車が通行するにもかかわらず、幅員狭小、 見通しが悪い上に曲線半径の小さいカーブの連続は多くの事故を誘発している。



日本国内にある道に格付けをするならば、間違いなく5本の指に入るであろう、親不知。
道路好きにはまさに、「聖地」ともいうべき場所である。
度重なる改修工事の結果生まれた数多くの遺構は、その旅を「聖地巡礼」と称させるに相応しいものである。

1-1 旅のプロローグ

歴史と悲劇と文学に彩られた道、国道8号、親不知。
しかしながら、我々サイクリストや徒歩旅行者にとっては、この地はすこぶる評判が悪い。
上記の通り幅員狭小な道である上、大型車が列を成して走るのを目の当たりにし、
「死ぬかと思った」、「二度と行かない」、挙句には「この区間だけ輪行した」
などなど、蛇蝎のごとく忌み嫌われている。
私とて、いくら聖地巡礼とはいえダンプカーを従えてのツーリングなど気分が悪い。
ゆえに、現地に到達するのは交通量も減るであろう日曜日の早朝になるように工夫した。
国道8号 親不知旧道 1 まあ、工夫も何も、早朝に家を出発すれば、ちょうど夕方くらいに親不知の一歩手前、糸魚川市あたりに到達できる。
この日は追い風であった上にあまりに早く出発しすぎたため、予定よりも早く午後3時頃には着いてしまったが。
せっかくなのでちょっと長野方面に向かってみたりした後、糸魚川の公園でテントを張ることにした。

明治11年9月26日、長岡、柏崎、直江津と巡幸してきた明治天皇一行は、この地糸魚川に宿を取った。
本来ならば翌日に出発し、富山へ向かう予定であったらしいが、大雨にたたられてさらにもう一泊し、親不知を通ったのは9月28日のことであった。
私の探索も奇しくも巡幸の時期とほぼ一致し、同じ糸魚川市で眠り、さらにテントを張っているうちに空からは大粒の雨が落ちてきた。
この日の降水確率は0%だというのに、何かこれは宿命的な雨なのであったのだろうか。
国道8号 親不知旧道 2 明くる日の午前5時頃、空が明るくなってきたのを見計らって、いよいよ親不知へ向けて漕ぎ出す。

前日にはうんざりしていた一桁国道の交通量も、予想通り日曜の早朝ともなればまばらである。
ヒスイで有名な姫川の河口を渡る国道の橋から海側を見ると、まだ完成していない巨大な橋が見えた。
あれは2014年に開業を予定している北陸新幹線の姫川橋梁(長さ436m)だ。
かつて日本最大の交通の難所として知られた親不知も、現在では国道8号、北陸自動車道、北陸本線、そして北陸新幹線と、 それを意識することすらないような高規格な路が走っている。
前史から明治に至るまで1万年以上の間、人類の行く手を阻んだ親不知。
明治からわずか100年余りで、人はこうもその場所を変えることができるのか。

明治までの人類と、それ以後の人類は、本当に同じ種族なのか・・・?

そんなことも考えてしまう。

1-2 アブナイ昭和規格

国道8号 親不知旧道 3 糸魚川市から西へ行くと、もうひとつの町、旧青海町(現糸魚川市)を過ぎる。
青海町の集落が尽きると徐々に道は登り始め、いよいよその区間が始まる。
イントロで述べたように、ここからJR親不知駅がある歌地区までは「子不知」と呼ばれる。
国道は断崖の中腹に刻んだ道を登っていくが、もちろん古来の道はこの絶壁の足元の磯である。
国道8号 親不知旧道 4 いやさすがに狭いこと狭いこと。
歩道は一切なく、歩くスペースは皆無。
なまじ徒歩のほうが危険のように思える。
崖に沿った道は曲がりくねり、ロックシェードもあって見通しも悪い。
そんな道の先からにゅっとトラックが顔を出すものだから、心臓に悪いことこの上ない。
日曜の朝という時間だからまだいいものの、交通量の多い時間帯にはちょっと遠慮したい道。

これは自動車にとっても同様であり、幅員、勾配、線形のいずれもが平成の一桁国道としては貧弱とされ、 また洞門に覆われているとはいえ断崖の中腹を走るという災害に弱い構造から、大規模な路線改良計画が出されている。
ただ、現地では特に工事が進んでいる様子はなく、まだ構想段階にあるようだ。
おそらく、北陸新幹線との兼ね合いもあるだろう。

1-3 子不知高架橋旧道

国道8号 親不知旧道 5 ここまで全ての区間を洞門が覆っていたが、ここでぷつりと途切れ、目の前には海を渡る長大な橋が伸びていた。
これは「子不知高架橋」といい、昭和63年竣工という比較的最近のものだ。
しかしながら、前述の通り、この前後の区間は大規模な線形改良計画があり、いくつかのルートが検討されている。
その案において「最適路線」として掲げられているものの中には、早くもこの橋を放棄して山側に長大トンネルを掘削するものも含まれる。
場合によっては、この橋も短命に終わる可能性もありうる。
国道8号 親不知旧道 6 子不知高架橋は竣工当初は「深谷高架橋」といった。
洋上道路、それも日本海の激烈きわまる怒涛の上につきたてるものだから、相当な難工事であったことが想像される。
実際、300メートルあまりの橋を竣工させるのに実に8年以上の歳月をかけている。
これは、トンネル掘削を含むそれまでに行われた数々の改良工事の中でももっとも長いものだ。

そして、そんな長い期間をかけてまで放棄しなくてはならなかった旧道区間が、橋の袂から分岐している。
右側の青い欄干の橋が子不知高架橋、左のほうに崖にへばりついている道が旧道である。
国道8号 親不知旧道 7 振り返って撮影。
現道の洞門から旧道へはクランク上に曲がっているため、これがかつての道そのままとは考えにくい。
現道の洞門出口付近は橋の竣工後に設置されたものだろう。
かつての道は洞門上にアクセスするために上り坂になっているあたりと見られる。
国道8号 親不知旧道 8 その旧道への進入はガードが固かった。
柵越しに望む古びた洞門がまるで私を誘うかのように鎮座するが、その手前の鉄柵は進入を拒んでいる。
両脇までしっかりガードされたその柵はさすがに自転車で越えることはできなかった。
まあ、荷物さえなければ担ぎ上げることもできたかもしれないが、テントやら何やらで総重量は数十kgになった相棒は持ち上げるのにすら苦労する。
肩に担ごうとしたら、ネジの頭が肩に食い込んで流血を見たほどである。
残念だが、相棒はここに置き去りにした。
国道8号 親不知旧道 9 手ぶらであれば柵の乗り越えには問題ない。
なぜか激しく張っていた蜘蛛の巣がまとわりついてうっとうしかったが。

さて、乗り越えた先には念願のコンクリート洞門が待ち受ける。
こちら側には特に文字情報といえるようなものはないが、出口側にはこの洞門の名前が掲げられており、「勝山洞門」らしい。
竣工年はおそらく周辺の改良、および舗装が行われた昭和40年前後と思われる。
国道8号 親不知旧道 10 旧道から望む子不知高架橋。
居並ぶ橋脚の高さは20メートルくらいはあるだろうか。
足元の砂浜にぶち込まれているようだが、波浪はともかく地震とかは大丈夫なのか・・・?

ちなみに、写真左のほうに写っているコンクリートの構造物はJR北陸本線。
国道8号 親不知旧道 11 洞門の中に入り、しばらく行って振り返る。
幅員は現道とそれほど変わりないような気がする。
ここに限っていえば、線形も特に悪くない。
放棄された理由は、別にあるらしい。

消えかけたセンターラインがソソる。
国道8号 親不知旧道 12 ・・・洞門内にはなぜか喫煙所が・・・
しかも消火器まで設置されている。
どんだけでかいタバコを吸うんだよ。

横に置かれた赤いポリタンク、よもや灯油ではなかろうが・・・
国道8号 親不知旧道 13 洞門出口。
緑に覆われかけた頭上には「勝山」の看板が掲げられている。
現道の高架橋にはもちろん洞門はないが、橋の手前まで長く続いてきた洞門が、現在の勝山洞門である。

出口からは崖下に降りられるような工事用の足場があり、橋脚や足元にあるJRの保線などに利用されているらしい。
国道8号 親不知旧道 14 斜面を削り取って作られた道は、ほぼ明治の車道に等しい。
そのような道であるがゆえに、斜面からの落石は非常に多く、ひとたび豪雨となれば土砂崩れと路肩の崩落を招き、 豪雪となれば雪崩が発生し、交通の大動脈はたびたび通行止めになった。
代表的なものを上げても、昭和40年11月の「子不知災害」(死者2名)、昭和51年8月の集中豪雨、昭和60年の豪雪などで、この区間は大きな損害を受けている。
特に昭和40年の子不知災害では、その年の8月に子不知地区の改良工事が始まったばかりだというのに、 10月の終わりから降り続いた雨によって11月2日、8日と大規模な土砂崩れが発生し、崩落した土砂は34000立方メートルにもなった。
大動脈たる国道8号は完全に寸断され、その復旧には2ヶ月もかかることがわかり、この間、かろうじて交通を許すべく、 なんと代替道路として当時工事中であった北陸本線のトンネルを国道として開放したという。ああ、通ってみたかった。
なお、復旧工事に伴う夜間通行止めなどの規制が完全に解除されたのは、災害から9ヶ月も経った翌年8月のことである。

このように災害の多発する区間を避けるために、8年もの歳月をかけて子不知高架橋が造られたのである。
そんな苦労の上に造られた高架橋も、今後の改良計画如何によっては、明治の旧道ともども葬られるかもしれないのだ。
参考文献:「親不知のみち」(建設省北陸地方建設局高田工事事務所、1982)、「親不知のみち 第二編」(建設省北陸地方建設局高田工事事務所、1998)
道は常に生まれ変わっていく。これは致し方のないこと。
絶壁の山と荒波の海という二つの脅威に常に曝されているここ親不知では、その回転速度も尋常ではない。
そしてそのたびに、また新たな遺構が誕生していく───

複雑な想いを抱きつつ、旧道を歩いた。
[ 06' 9/3 訪問 ] [ 06' 9/17 作成 ]
これより前の記事はありません次の記事へ
ひろみず http://d-road.sytes.net/ webmaster@d-road.sytes.net
国道8号 親不知旧道123456